村上市 山北「笹川流れ」の夕焼け そのまたおまけ

撮影日 平成29年11月10日

時は過ぎ、一日の終わりが近づきました。
強風に乗って雲が多くなり、紅色の輝きが水平線を彩ります。
青空はすっかり雲に隠れてしまいました。
e0165983_13312438.jpg

そして闇が覆い始めた笹川流れの海岸。
素敵な夕焼けが見れて大満足です。
e0165983_13323359.jpg

これにて、11月10日の撮影行は終了。
再び訪れるのは来年の春かな?
それとも秋かな?

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
↑これを押してね〜v(^-^)

[PR]
# by momotousan | 2017-12-15 13:36 | 新潟 | Trackback | Comments(0)

村上市 山北「笹川流れ」の夕焼け おまけ

撮影日 平成29年11月10日

さて陽は水平線に沈みました。
でも日が沈んだ後の空の焼け具合も素晴らしいので、しばらく待ちます。
想像通り、この日も綺麗な色に染まってきました。
東京でも夕焼けは見れますが、人家や電線、ビルなどが視界を塞ぐので、スケールの大きさが出ません。
海岸でこれほどの焼け具合を見れたのもラッキーでした。
e0165983_12374370.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
↑これを押してね〜v(^-^)

[PR]
# by momotousan | 2017-12-13 12:43 | 新潟 | Trackback | Comments(0)

村上市 山北「笹川流れ」の夕日 ラスト

撮影日 平成29年11月10日

さて、待った時間は長く沈む時間はあっという間・・・・
でも水平線に沈む太陽が見れました。今まで数多く夕日撮影に挑みましたが、やっと最高の状態にお目にかかれました。
それもはるか遠くまでやって来てです。どうやら過去の例を見ても新潟とは相性がいいようですね。(*^_^*)
e0165983_11505128.jpg

そして瞬く間に水平線に隠れてしまいます。今回は空も綺麗に焼けてますね〜
e0165983_11545043.jpg

素晴らしい瞬間に出会えた「笹川流れ」の海岸です。来年もまた行くつもりです。
これでこの日の撮影行も終了しました。
山本山の雲海、三面の素晴らしい紅葉、そして山北の夕日。
どれも素晴らしい出会いでした。おにぎりをくれた見知らぬご婦人方共々、感謝です。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
↑これを押してね〜v(^-^)

[PR]
# by momotousan | 2017-12-10 12:04 | 新潟 | Trackback | Comments(0)

村上市 山北「笹川流れ」の夕日 その3



色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り

「笹川流れ」というのは、笹川は元の地名、そして水の透明度の高さで潮流の流れが沖に見えたことからだそうです。
澄み切った蒼い海と白い砂とのコントラストがとても美しい海岸です。
また日本海の荒波によって出来た奇岩の群れが続き、夕日撮影にアクセントが入るのでカメラマンも多く集まりますが・・・・
本日は私たち一行ともう一方、若い男性一人だけでした。
さて、待った甲斐がありいよいよ日没の時間となりました。
e0165983_10175998.jpg

空も赤くなりはじめ、陽は水平線に近くなりました。
これからはどんなシーンが展開するか、カメラから目を離せません。
e0165983_10201418.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
↑これを押してね〜v(^-^)

[PR]
# by momotousan | 2017-12-08 10:26 | 新潟 | Trackback | Comments(0)

村上市 山北「笹川流れ」の夕日 その2



色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り

撮影日 平成29年11月10日

さて、この日の天気は気温はちょっと高め、そして雲の状態は風が強いために流れが速いです。
水平線はというと、厚い雲が覆ってはいますが青空が広がっています。
その青空に陽が落ちてくると眩しいくらいの輝き・・・・
e0165983_12113137.jpg

こんな風に、まだまだ時間がたっぷりとあるので、いろいろな撮影をしながら時間をつぶします。
e0165983_12175115.jpg

ただ水平線の青空の下には薄い雲が横いっぱいに延びているのでもしや夕日の最高条件かな?
なんて期待を抱き始めた4時半頃でした。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
↑これを押してね〜v(^-^)

[PR]
# by momotousan | 2017-12-06 12:24 | 新潟 | Trackback | Comments(0)