<   2009年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

山梨・鰍沢町 大柳川渓谷の滝 その1

撮影日 平成21年11月29日

中部横断自動車道・終点増穂インターで降り国道52号を南下
鰍沢町・十谷にて右折、そのまま進むと大柳川渓谷に到着します。
そしてさらに林道を上流側に進み
途中の空き地に車を止めて遊歩道の階段で遊歩道に降り観音滝に。
滝見台からは全景見られず・・・・・
手前の遅めの紅葉入れて。
e0165983_1623750.jpg

滝見台より遊歩道の急な階段を降りて下から全景を
e0165983_1624256.jpg

足場が悪くて滝つぼを入れてのカットは危険
よって、つり橋から滝つぼからの流れを撮影
e0165983_16255815.jpg

観音滝の滝つぼに流れ込むもう一つの流れ
二つが合わさって上の写真の水量になります。
日本的な渓谷の流れを象徴する静かな風景でした。
e0165983_16273049.jpg

その2に続く・・・・・
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
プログランキング参加!クリックしてね〜(*^^)v
[PR]
by momotousan | 2009-11-30 16:36 | 山梨 | Trackback | Comments(0)

信州・大桑村の紅葉 阿寺渓谷その3

撮影日 平成21年11月8日

帰り際に渓谷を振り返った時、
夕刻の陽の中に浮かび上がった姿
深山幽谷の世界ですね〜
e0165983_11114978.jpg

阿寺渓谷これでラストです。
次は新緑の頃に再訪ですね。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
プログランキング参加!クリックしてね〜(*^^)v
[PR]
by momotousan | 2009-11-17 11:13 | 長野 | Trackback | Comments(2)

信州・大桑村の紅葉 阿寺渓谷その2

撮影日 平成21年11月8日

阿寺渓谷は車で行かれるのは砂小屋と呼ばれるところまで。
それから先は徒歩の滝巡りコースとなるが
時間が遅くなった我々はここで折り返し・・・・・
e0165983_11302392.jpg

帰途はさらに陽が強く差し込み遅めの紅葉に最後の輝きを与えてくれました。
e0165983_11314683.jpg

シーズンに外れかかったせいか、観光客も少なく渓谷の綺麗さといい
被写体としてもう少し撮り続けたいところです。
e0165983_11353471.jpg

秋の夕日はつるべ落とし・・・・・
あっという間に夕やみが迫ってきます。
e0165983_1136577.jpg


その3に続く・・・・
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
プログランキング参加!クリックしてね〜(*^^)v
[PR]
by momotousan | 2009-11-16 11:41 | 長野 | Trackback | Comments(0)

信州・大桑村の紅葉 阿寺渓谷その1

撮影日 平成21年11月8日

国道19号、俗に言う木曽街道と平行する中央本線・野尻駅のところを
上松方面に向かって左折
そのまま人造湖の橋を渡り直進すると阿寺渓谷の看板あり。
そして森林鉄道跡の林道を進むとエメラルドグリーンの流れと雄大な渓谷が10数キロ続きます。
e0165983_10455894.jpg

紅葉はすでに落葉が進み
山肌は坊主状態ですが岸辺の樹木は最後の輝きです。
e0165983_10524890.jpg

舗装された走りやすい道と砂利道の埃だらけの道路
そんな交互の状態の道路を進むと終点・砂小屋に到着
ここから先は徒歩での滝巡りコースとなります。
駐車場脇の小さい滝が綺麗でした。
e0165983_1055475.jpg

上から滝を撮影というのも珍しいものですね。
e0165983_10555715.jpg

時間も遅くなったのでここで我々は折り返し・・・
帰り道違ったか角度から見た渓谷の様子は次回に。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
プログランキング参加!クリックしてね〜(*^^)v
[PR]
by momotousan | 2009-11-13 10:58 | 長野 | Trackback | Comments(2)

南木曾村の紅葉 柿其渓谷その2

撮影日 平成21年11月8日

さらに渓谷沿いに続く遊歩道を進むと巨大な花崗岩の壮大な景勝になる柿其渓谷。
なかなか、小さいけれどトレッキングには最適なところですね。
奥に進むに従って紅葉も落葉となり
冬の準備を迎えた姿が目に付きます。
e0165983_10573578.jpg

河原の大きな石で足場が悪く
撮影に夢中になったあげく、つい足首を痛めた私です・・・・・
e0165983_1113383.jpg

牛ヶ滝の見晴らし台は急な階段を相当数上るため断念
そこから引き返した私たちでした。
角度が変わるとまた同じ風景も新鮮なものです。
その中のショット・・・
e0165983_1144770.jpg

1時間半ほどの渓谷撮影
我々は次なる目的地
阿寺渓谷に向かいました。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
プログランキング参加!クリックしてね〜(*^^)v
[PR]
by momotousan | 2009-11-11 11:07 | 長野 | Trackback | Comments(2)

南木曾村の紅葉 柿其渓谷その1

撮影日 平成21年11月8日

長野県と岐阜県との県境にある南木曾村
国道19号を村中央部よりさらに南下、
そして中央本線「十二兼」駅のところを右折
道なりに山道を走っていくと4キロほどで現れる秘境・柿其渓谷の看板
数台停まれる空き地に車を置いていざ出発です。
恋路橋とよばれるつり橋を渡った河原にて・・・・
e0165983_13363744.jpg

紅葉には遅いものの流れの綺麗さと柱状節理の岩肌が対照的な渓谷です。
e0165983_13382742.jpg

渓谷沿いには見事な遊歩道が完備
楽にこの景色の中に浸れます。
エメラルドグリーンの流れに引き込まれそうな気分が落ち着く渓谷美です。
e0165983_13425469.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
プログランキング参加!クリックしてね〜(*^^)v
[PR]
by momotousan | 2009-11-09 13:46 | 長野 | Trackback | Comments(0)

山形・小国の紅葉 玉川渓谷その2

撮影日 平成21年10月25日

温身平から引き上げる途中見かけた風景
渓谷の美しさがひときわ目立つ所でした。
e0165983_11215362.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
プログランキング参加!クリックしてね〜(*^^)v
[PR]
by momotousan | 2009-11-06 11:23 | 山形 | Trackback | Comments(2)

山形・小国の紅葉 温身平その2

撮影日 平成21年10月25日

温身平到着
残念ながら朝日連峰は厚い雲の中に・・・・・・
それでもこの辺の紅葉はまさに今が旬
e0165983_1533836.jpg

ヤマモミジも綺麗でした。
陽が射せば輝くばかりでしょうが・・・・
e0165983_1553927.jpg

そしてブナの森の中の小道はひんやりと気持ち良い空気
まさに森林セラピー基地ですな〜
e0165983_1571887.jpg

そして温身平十字路から渓谷に行くと
やはり紅葉には流れがよく似合います。
e0165983_1583127.jpg

紅葉を堪能した一日でした。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
プログランキング参加!クリックしてね〜(*^^)v
[PR]
by momotousan | 2009-11-04 15:12 | 山形 | Trackback | Comments(4)

山形・小国の紅葉 温身平その1

撮影日 平成21年10月25日

飯豊山登山口となる飯豊山荘駐車場
そこから紅葉で染まったブナ林を歩いて温身平に向かった我々でした。
ハイキングコース入り口にある渓流
見事な紅葉でした。
e0165983_1349533.jpg

この渓流を覗くと大きなイワナがウヨウヨ・・・・・
ちょっと水量が不足なのは可愛そうですね〜
橋の反対側も紅葉が今がまさに旬。
e0165983_1352265.jpg

そして枯れ葉で埋もれた遊歩道をのんびり歩き
森林セラピー基地として人気の出た、ここ温身平
結構なハイカーの方々とすれ違います。
左右を見れば樹齢の高いブナの原生林です。
e0165983_13542233.jpg

歩くたびに空気のすがすがしさと風に揺れる木の葉の音が気持ち良い森の中の小道。
成長したブナの木が落とす葉は数十万枚の単位と言います。
保水効果のあるブナ、
そんな林は湿り気を帯びたキノコの宝庫でもありますね〜
でも注意、注意、笑いながら帰るのはご勘弁です(^_^;)
e0165983_13561439.jpg

この後、温身平到着はその2に・・・・
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
プログランキング参加!クリックしてね〜(*^^)v
[PR]
by momotousan | 2009-11-02 14:04 | 山形 | Trackback | Comments(2)