最後の紅葉と富士山

撮影日 平成20年11月30日

静岡に年末風景と最後の紅葉を撮影に・・・
東名・三島インター降りて国道一号線を箱根方面に、
そして坂中学のところで側道に入りそのまま進むとこの風景が・
e0165983_17494022.jpg



そして、そのまま進むとゴルフ場があり
クラブハウス方面に左折すると緩やかな斜面に駿河湾の潮の匂いがする畑に出る。
農家の人が今を盛んにダイコン干しに追われている・・・
ちょっと声をかけて、撮影の許可を貰う・・・・
いろいろ説明してくれるやさしいおじさんだった。
e0165983_17531237.jpg



この後、ゴルフ場の交差点に戻りさらに斜面沿いの道路を行くと
お茶畑が目の前に広がる・・・・
そしてそのお茶畑の十字路を右折するとやがて紅葉の隠れ名所
法華寺に到着・・・・
モミジはちょい遅めか・・・・・
e0165983_17561626.jpg



そして今度は修禅寺に・・・・
有名なモミジ林はちょい遅めながら最後の紅葉見物の人出で大混雑
離れた駐車場から歩かされ
人込みの中を見学。
e0165983_17582264.jpg



この後の写真は後日アップです。
充電池を忘れたためにデジカメ撮影できず・・・・
バッグの中にはいつも単三アダプターを入れてるのに
それも忘れる。
なんということか・・・(^_^;)
仕方なく
フィルムカメラで撮影したポジをスキャンしてアップしてます。
そして、まだカメラに撮り残しがあるため修禅寺モミジはその後ゆっくりアップします。
デジカメも電池が無ければただのお荷物・・・・(☆_★)
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
プログランキング参加!クリックしてね〜(*^^)v
[PR]
# by momotousan | 2008-12-02 18:13 | 静岡 | Trackback | Comments(0)

東北紅葉撮影行 その2 八幡平

撮影日 平成20年10月19日

青森から岩手に場所を移し
再び紅葉撮影三昧・・・・・・・・・
朝方は霧がかかり、松川渓谷は神秘なムード、
もっともここは朝には陽があたらないということで我々にはラッキーな撮影となった。

松川渓谷の森の大橋から・・・・
e0165983_17431361.jpg

霧が時間とともに降り始めてくる・・・
大橋から松川玄武岩の所に降りる・・・・
e0165983_1744139.jpg

幽玄な景色を展開する松川渓谷・・・・
今度来るときは雪の中か・・・
e0165983_17452366.jpg

アスピーテラインを登ると霧の上に出て
見事なまでの岩手山と雲海であった・・・・・
e0165983_17462876.jpg

見返り峠に着くと、そこはどこまでも青い、抜けるような空が待っていた・・
東北の青空は、ほんとどこまでも青い・・・
e0165983_174732100.jpg

岩手側はどちらかというと、熊笹が多く
広葉樹海は秋田側にいってからである・・・・
e0165983_1749262.jpg

秋田大沼は紅葉は終わり、落葉を迎えていた・・・
しかし葦の茂みは草紅葉となり、陽に輝いて幻想的な風景を醸し出していた。
e0165983_17501352.jpg

大沼の対岸は紅葉樹の古木が多く
ブナやカエデがやや遅めの紅葉を迎えていた・・・・
e0165983_1752252.jpg


今回の東北紅葉撮影
天候に恵まれ、近年まれに見る収穫の有った撮影行であった・・・・

来年、2月に再び冬の撮影行となる予定だが・・・・・

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へランキング参加!クリックしてね〜
[PR]
# by momotousan | 2008-11-27 17:59 | 岩手 | Trackback | Comments(0)

東北紅葉撮影行 その1 八甲田

撮影日 平成20年10月18日

青森は八甲田の蔦沼に行ってきた・・・・
紅葉にはちょっと早い、でもブナの黄葉は見事な輝きを見せてくれていた。
e0165983_11191917.jpg



e0165983_11202152.jpg

そして途中で見かけたナナカマドと岳樺の取り合わせ・・・
東北の透き通るような青空をバックに・・・・
e0165983_11245740.jpg

夕方には城が倉渓谷の大橋から山肌を眺める・・・
大混雑の場所であるが、なんとか夕日に浮かぶ紅葉が見れた。
e0165983_11213497.jpg



e0165983_1122562.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へランキング参加!クリックしてね〜
[PR]
# by momotousan | 2008-11-26 17:45 | 青森 | Trackback | Comments(0)