カテゴリ:山梨( 21 )

甘利山のレンゲツツジ ラスト

撮影日 平成30年6月4日

さらに登って行くと、やがて海抜1700メーター付近到着。
目の前には頂上がこんもりと丘のような状態で見えるレンゲツツジ群生地帯です。
満開過ぎでも、まだまだ勢いのある状態で見れるレンゲツツジでした。
ここ群生地帯のみ高山植物保護のために遊歩道になっています。
e0165983_10494415.jpg

今年はどこも異常気象のせいか花付きがどの花も素晴らしく多いと聞きます。
そんなここ群生地帯ですね〜
e0165983_10502757.jpg

風も爽やか、青空も澄んで、遊歩道地帯はお花畑になっていました。
ラストは早くにフェイスブックのトップページにしたカットです。
e0165983_10504859.jpg

甘利山レンゲツツジ編、これにて終了です。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
↑これを押してね〜v(^-^)

[PR]
by momotousan | 2018-06-26 10:58 | 山梨 | Trackback | Comments(0)

甘利山のレンゲツツジ 3

撮影日 平成30年6月4日

頂上に向かう登山道。足下には高山植物がいろいろ花開いていました。
それぞれの花の脇には名札が地元の方の協力で立てられています。
高山植物にあまり詳しくない私には大助かりです。
e0165983_11291425.jpg

登るにしたがって、花は綺麗になってきます。時間もだいぶ進んで来て雲海も薄くなってきました。
e0165983_11292836.jpg

しかし頭上の青空があまりにも素晴らしかったので思わず撮った一枚。
e0165983_11294192.jpg

梅雨の間の一日、こんな晴天に恵まれるとはまったくラッキーですね〜

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
↑これを押してね〜v(^-^)

[PR]
by momotousan | 2018-06-22 11:37 | 山梨 | Trackback | Comments(0)

甘利山のレンゲツツジ 2

撮影日 平成30年6月4日

ここ東屋のある展望台のすこし外れに行くと山野草の保護地域があります。
レンゲツツジの群生地帯ですね〜ちょっと遅めですけど・・・・
まずはそこから富士山アップで。
e0165983_12012293.jpg

そしてワイドで左側の樹木を入れてのカットです。
富士山より高い位置に樹木を入れたくはないのですが・・・なにせ日本一の高さのお山ですから。
でもまあ、感覚だけで良いフレーミングと思ったので。
e0165983_12014879.jpg

そして普通に撮るこの位置からのカットです。
e0165983_12045357.jpg

定番ですね〜(^_^;)
さて頂上を目指して登って行きます。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
↑これを押してね〜v(^-^)

[PR]
by momotousan | 2018-06-19 12:07 | 山梨 | Trackback | Comments(0)

甘利山のレンゲツツジ 1

撮影日 平成30年6月4日

梅雨入りも間近な6月上旬、天気予報が良かったので兼ねてから行きたかった撮影地、
山梨県の富士山撮影スポットとして有名な甘利山に行ってきました。
東京を朝4時出発。中央高速を飛ばすとあっという間に韮崎です。
実は自宅近くにスマートインターが出来て中央道は凄く便利になったんですね〜
インターから国道を経由して、釜無川の橋を渡って甘利山入り口に到着。林道を走って登ると駐車場はなんと海抜1700メーターです。
頂上までの登山道をちょっと歩くとすぐに東屋がある展望台があります。
レンゲツツジは終わり気味ですが富士山が雲海に浮かんでいました。
e0165983_11312303.jpg

泊まり込みのカメラマンの方によると昨日は駄目だったそうで・・・・・
あんたたち運がいいなあ〜なんて言われました。
e0165983_11313394.jpg

「頂上の方は花が盛りだよ〜」なんて言われて期待を持った我々です。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
↑これを押してね〜v(^-^)

[PR]
by momotousan | 2018-06-15 11:41 | 山梨 | Trackback | Comments(0)

清里 吐竜の滝の氷結

冬場の楽しみの一つがこれです。
滝およびその渓谷の周辺で氷結のオブジェを探す事です。
特に流れに中に出来る氷結は、さながら渓谷のシャンデリアですね〜
清里にある有名な吐竜の滝を訪れた時も、様々な自然の造形美に圧倒されたものですv(^-^)
e0165983_163489.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
↑これを押してね〜v(^-^)
[PR]
by momotousan | 2016-01-25 16:35 | 山梨 | Trackback | Comments(0)

山梨県 富士山と白鳥

撮影日 平成25年3月3日

山中湖の平野では白鳥に出会えず・・・・
そして富士山の朝焼けもイマイチ (T_T)
そこから元に戻って湖畔沿いの道を走らせると
釣り船の出発地にいました、いました〜(*^_^*)
e0165983_13171642.jpg

シベリアに帰れないのかな?
山中湖は老後の施設となりますね〜
e0165983_13182969.jpg


これで山中湖にお別れ
我々は伊豆に向いました。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
↑↑バナーをクリックしてね〜プログランキング参加!(*^^)v
[PR]
by momotousan | 2013-03-08 13:21 | 山梨 | Trackback | Comments(0)

山梨県 山中湖の朝

撮影日 平成25年3月3日

久し振りに伊豆に行くことになり我が家を5時出発
どうせならと富士山経由で行くコースを設定しました。
山中湖に寄りましたが、残念ながら平凡な朝の風景となり、
期待した紅富士にもならず諦めて白鳥を探しに行きました。
e0165983_14505411.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
↑↑バナーをクリックしてね〜プログランキング参加!(*^^)v
[PR]
by momotousan | 2013-03-04 14:53 | 山梨 | Trackback | Comments(0)

清里・冬の吐竜の滝

撮影日 平成23年2月6日

小諸から佐久を通り山越えで清里に・・・・
昨年も撮影した清里・吐竜の滝になんとか日のあるうちに到着
しかし雪で埋もれていた林の中の道は今年は枯れ葉でいっぱい(-_-#)
滝の周辺も雪はなく、わずかに渓流の中に少し見えるだけ
氷結も少ない渓谷でした。
ここはコケの綺麗な珍しい滝ですね〜
ちょっと離れたところから全景を
e0165983_22101987.jpg

暖かさで氷結も溶け、しぶきがかかってくる程です(^_^;)
e0165983_2292997.jpg

わずかに残った雪の塊を入れて流れとともに
e0165983_22114596.jpg


2月6日の撮影行はこれで終わりです。

キャノンデジタルボディ アダプターリング使用でツアイス・バリオゾナー28~85ミリ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
↑↑バナーをクリックしてね〜プログランキング参加!(*^^)v
[PR]
by momotousan | 2011-02-13 22:23 | 山梨 | Trackback | Comments(4)

清里・川俣東沢渓谷の吐竜の滝 その4

撮影日 平成22年2月7日

帰り道、渓谷の流れの中に見かけた氷結の様々な姿です。
自然って面白いものを見せてくれます・・・・・
雪万頭も凍って寒そうです。
e0165983_10595992.jpg

こんな面白い形も出来るんですね〜
e0165983_1115251.jpg

けなげに張り付いている姿が可愛らしいです。
e0165983_1131433.jpg

時間が経過するにつれ陽が差し込み氷結君達の終わりの時がやってきました。
午後には大部分が溶けて流れに落ちるそうです・・・
e0165983_114860.jpg

これで清里・吐竜の滝はお終いです。
次回は長野・南牧村の湯川渓谷です。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
↑↑バナーをクリックしてね〜プログランキング参加!(*^^)v
[PR]
by momotousan | 2010-02-13 11:08 | 山梨 | Trackback | Comments(4)

清里・川俣東沢渓谷の吐竜の滝 その3

撮影日 平成22年2月7日

東沢渓谷全体の光景です。
橋梁は小海線です。
そして下にあるのが遊歩道の橋です。
e0165983_12162588.jpg

緑苔の美しい滝が多い八ケ岳山麓です。
e0165983_1216423.jpg

もういっちょ、渓谷のシャンデリア〜
e0165983_1217826.jpg

次回のその4で東沢渓谷は終了
その後、同じ日の撮影で長野の湯川渓谷の氷柱と続きます。
もう一回、同じような写真ですが、我慢をお願いします(^_^;)

そして来週末は1泊で山形の小国に行く予定ですが・・・
ちょい仕事が立て込んできてしまい、果たしてどうなりますか・・・・
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
↑↑バナーをクリックしてね〜プログランキング参加!(*^^)v
[PR]
by momotousan | 2010-02-11 12:29 | 山梨 | Trackback | Comments(8)